つまらん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“連休、大幅減へ” 3連休の「ハッピーマンデー」廃止、大型連休は地域ごとに週ずらし…祝日法改正案


うーん何で余計なことするんだろうね

正直言って日本は世界と比べて休日が多いし、ハッピーマンデーという休日が無駄に増える制度のおかげで他の国のおよそ2倍は休日がある
でも、有給取ってる人少ないから大した変わらないってのは違う
休日ってのは誰でも休みになるわけで、貧困層も休みになる。
貧困層は連休があったとしても金が無いから大抵自宅で過ごしたり金を浪費しない生活をする
裕福層は金があるから旅行など、経済に影響を与えるような行動をする
でも有給文化が根付いて来ると変わってくる
貧困層は働くし、裕福層は旅行等で金をばら撒く。すると国民全体で経済効果がある
極論だけどもそういうこと

まぁハッピーマンデーは俺みたいな考え方の人とそうでない人とで意見が分かれそうだし、俺もそんなすぐにコロコロ変えるべきではないと思ってるから何とも言えないんだけどね



でも

観光が集中する5月の大型連休の分散化を図ろうと、地域ごとに異なる時期に大型連休を取得する「祝日法改正案」が、今国会にも提出されることになった。憲法記念日など記念日自体は変えないが「◯◯地方は5月第2週に取得」などと定めて、その地方では最低限、官公庁や公立学校は休みになる仕組み。混雑緩和で観光需要を喚起する狙いがある。政府は「休日革命になる」と意気込む。



渋滞緩和するとか観光需要上がるとか言ってるけど、これは失敗すると思う。

有名所の観光スポットがあるとする。
たいてい、大型ホテルは満室になる

でも、その入りきらなかった分は小さい宿に泊まったり、別の小さい観光スポットに鞍替えしたりするのがほとんど
しかも分散化すると、従業員は休みが無いし、あったとしても1ヶ月先とかもう季節が変わってるレベル
分散されるわけだから全国規模の会社は分割して休暇は取れない。結局1極化
もし関東地方だけが休暇になったとして、渋滞は減るかと言うと、多少減るかもしれないが人口が多いので無くなるわけではない。

結局は休みを分散化しにくい大企業は1極化。
地方の観光業の人は1ヶ月中中途半端に人が来るから休むに休めない
得をするのは公務員だけ。絶対数が増えるわけで無いので経済効果なんか期待もされない

中途半端な軽減は休みを減らすことになりかねないからするべきではない。

そもそも
『記念日のもともとの意味が分からなくなるなどの問題点も指摘されていた。』
という意見に矛盾してるw


結局はやってみないと分からないんだろうけど、複雑になると混乱すると思うなぁってのが本音

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース





日本人の休日はrefreshじゃなくて、restです

家でゴロゴロしてる奴ばっか。
【2010/02/15 03:16】 URL | betz #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



??? 3??Ρ??å?????????????Ľ????å??ä?? http://worldnavigation.biz/【2010/02/15 19:50】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 やすぶろぐ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。